リフォーマー&ボディワークと機能解剖

膝関節の機能解剖③~膝蓋骨~

こんにちは。

imok株式会社の中北貴之です。

膝関節は大腿骨・脛骨・膝蓋骨から構成されます。

今日はその中の一つ、膝蓋骨に注目してみましょう!

膝蓋骨の役割

突然ですが、クイズです!

ちゃ~らん♪

人体最大の種子骨は何でしょうか?

正解は~

・・・

・・・

膝蓋骨です!

というか、この流れで膝蓋骨以外はないですね(笑)

膝蓋骨は人体最大の種子骨です。

膝蓋骨の役割

①膝関節屈曲及び伸展機能の増大

②大腿四頭筋を一つにまとめ、膝蓋靭帯へ効率良く力を伝達する

③膝関節の保護

膝蓋骨は筋力発揮の効率を高めるために重要な役割を担っているのですね。

それでは、ここでクイズ第2問!

ちゃ~らん♪

人体で最も厚いとされるのは、どこの軟骨でしょうか?

正解は~

・・・

・・・

膝蓋骨の軟骨です!

やはりこの流れで膝蓋骨の軟骨以外はないですね(笑)

そうなんです。大腿四頭筋という強力な筋の力を伝達する役割を担う膝蓋骨の軟骨は、最も厚いと言われています。

日常生活でも膝関節には負担が掛かりやすいですからね。

実際の数字で見てみましょう。

膝蓋大腿関節への負担

日常生活動作における膝関節への負担は、リサーチにより多少のばらつきはありますが、下記のように報告されています。

膝蓋大腿関節への負担(体重比)

・自転車  :0.5倍

・歩行   :0.5倍

・階段昇段 :3.3倍

・階段降段 :5倍

・ジョギング:7倍

・スクワット:7倍

ひとつ気をつけて頂きたいのが、「膝蓋大腿関節」のデータということです。

せっかくなので「脛骨大腿関節」のデータも載せておきます。

脛骨大腿関節への負担(体重比)

・自転車  :0.5倍

・歩行   :3倍

・階段昇段 :3.8倍

・階段降段 :4.3倍

・ジョギング:4倍

・スクワット:5倍

どちらの関節おいても、階段は昇段よりも降段の方が負担が大きいですね。

皆様の周りでも、「階段の昇りは大丈夫なんだけど、降りがね~」なんてお話をしている方がいらっしゃいませんか?

また、膝痛予防のためにスクワットをしていますというお話もよく聞きますが、関節は消耗品ということを考えると、やり過ぎは注意ですね。

※決してスクワットを否定しているわけではございません!

さて、膝蓋骨編は1話完結予定だったのですが、思いのほか長くなってしまったので続きは「膝関節の機能解剖~膝蓋骨パートⅡ~」でお話していきます。

クイズが多すぎましたね(笑)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

imok株式会社

中北貴之

中北貴之
ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして幅広く活動中。