機能解剖学&運動生理学

脊柱の機能解剖②~頚椎症~

こんにちは。 
imok株式会社で活動している、理学療法士の中北です。

今回は「頚椎症」についてお話いたします。

頚椎症とは

頚椎症とは、「椎間板の変性とその後に生じる椎体の骨棘形成」と定義されているように、本来は痛みやしびれ等の症状の有無は無関係ですが、臨床的には何かしらの症状を伴うものを指すことが多いようです。

頚椎症に起因する代表的な疾患が、頚椎症性神経根症、頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニアなどで、頚椎の変性に伴い頚部痛や四肢の痛みやしびれ、歩行障害、膀胱直腸障害をきたします。

頚椎症起因の代表的な疾患

①頚椎症性神経根症
頚椎症によって椎間孔が狭窄し、神経根が圧迫されて痛みやしびれ、筋力低下が生じる疾患。
一側性でデルマトームに一致する領域に症状が出ることが多く、頚椎伸展位で増悪しやすい。
好発年齢は40~50歳代で、朝よりも夕方にかけて増強する傾向がある。

②頚椎症性脊髄症
椎体の骨棘や靱帯の肥厚によって脊髄が圧迫され、四肢や体幹のしびれ、運動障害、歩行障害、膀胱直腸障害をきたす疾患。
頚椎症性神経根症と異なり、しびれの日内変動がなく、常に一定の強さで出現することが多い。

③頚椎椎間板ヘルニア
椎間板の変性に伴い線維輪が断裂し、髄核が脱出することで、神経根や脊髄を圧迫して神経症状をきたす疾患。
30~50代の男性に多く、神経症状を引き起こす部位は、C6/7椎間が最も多く、次いでC5/6、C7/T1、C4/5椎間の順となっている。

頚椎症の発生機序としては、椎間板の変性から始まり、椎体・椎間関節・ルシュカ関節において骨棘が形成された結果、脊柱管や椎間孔、椎間腔の狭窄が生じて神経が圧迫されて、様々な症状につながります。

C3/4,C5/6,C6/7の椎間間隙が狭小化して骨棘がみられる。 橋本俊彦(2013).コメディカルのための運動器画像診断学,ナップより引用

椎間板の変性は20歳代から始まるため、30歳以上であれば何かしらの頚椎の変性は生じていますが、この年代では無症候性のことがほとんどで、40歳を超えると症状の訴えが増加します。

頭の位置を整えて頚椎への負担軽減

大半の方の頚椎は加齢に伴い変形する宿命といえますので、頚部への負担をいかに軽減するのかが肝要です。

永木和載(2014).図解入門よくわかる首・肩関節の動きのしくみ、秀和システムより引用

一般的な矢状面における姿勢の基準となる、「肩峰と耳孔が一直線」の状態でも、頭は前方に転がる力が働いており、頚椎の伸展筋群は常に頑張って頭を支えています。

フォワードヘッド姿勢になれば、当然ながら頚椎伸展筋群への負荷はさらに増大し、頚部への負担も増えますので、頭の位置、すなわち姿勢を整えることはとても大切です。

それでは、頭の位置を整えるためには、何が重要なのかというと、胸郭や肩甲帯です。

ワイヤーシステムによる頚部の安定

ワイヤーシステムとは、頭半棘筋・頚半棘筋・斜角筋・胸鎖乳突筋・肩甲挙筋・僧帽筋などによる頚部の安定化システムのことです。

例えば、テントを張るときは四方からロープで引っ張ってテントを安定させますが、そのロープの役割をしているのが、頚部の筋肉ということになります。

左は理想的な姿勢。右は頭が前に出た姿勢で、筋のバランスが崩れている。 永木和載(2014).図解入門よくわかる首・肩関節の動きのしくみ、秀和システムより引用

これらワイヤーシステムに関与する筋は、肋骨・胸椎・鎖骨・肩甲骨から、頚椎へと付着していますので、土台となる胸郭(胸椎・肋骨・胸骨で構成)と肩甲帯(肩甲骨・鎖骨・肋骨で構成)のアライメントが重要ですね。

一旦ここまでをまとめると、頚椎が頭を支えており、頚椎を支える筋は胸郭や肩甲帯に付着している、ということです。

頭の位置を整えて、頚椎への負担を軽減するためには、胸郭への介入が必須ですので、胸郭の評価方法については、こちらをご参照ください↓↓

脊柱の機能解剖①|頚椎の構造及びしくみ・呼吸との関係こんにちは。 imok株式会社で活動している理学療法士の中北貴之です。 本日は頚椎についてお話いたします。 頚椎の構造と構成 頚...

今回は、頚椎症についてお話いたしました。

頚部由来の痛みを抱えている方は多くいらっしゃいますので、頚椎の特徴を踏まえて介入していきましょう♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

imok株式会社
中北貴之

ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/健康経営アドバイザー/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして、パーソナルトレーニング指導や専門家向けのセミナー講師として幅広く活動中。