リフォーマーエクササイズ

カールアップ

curl-up

カールアップ

こんにちは。

imok株式会社の古城です。

今回ご紹介するエクササイズは「カールアップ」です。

やり方

  • リフォーマーに仰向けになります
  • ショートループに手を通します
  • 肩関節を伸展させながら上半身をキャリッジから浮かせます
curlup-start curl-up

目的

  • 脊柱のエロンゲーション及び屈曲
  • 上肢と脊柱の連動
  • 頚部のモスタビリティの向上

エクササイズの理論的背景

 頚部の安定化の為には、横隔膜と骨盤底の平行化→インナーユニットの活性→骨盤、胸郭の安定化→肩甲胸郭関節の安定化→舌骨及び頚椎の安定というように、頚部単独ではなく、コアや脊柱との連動が重要になります。
リフォーマーによるカールアップではショートループを介してスプリングによる軽い負荷が加わることで、肋骨を内旋させる腹斜筋や腹横筋、肩甲胸郭関節を安定させる前鋸筋が促通された状態で、胸椎、頚椎の屈曲を学習することができます。

よく見られる代償

  • 頚部のみの過度な屈曲

脊柱の延長線上に頭部が来ることが望ましいが、カールアップを行う際に頚部の屈曲が過剰になる場合があります。エロンゲーションを意識させて頭部の位置を整えるようにしましょう。 

  • チンアップ

日頃のデスクワークなのでフォワードヘッドが強い場合、胸鎖乳突筋が短縮し、過緊張を起こしていることが多く、カールアップをする際に顎が上がった状態でカールアップを行いやすいので、頚部のアライメントチェックを行いましょう。

チンアウトが強い場合は、ヘッドレストの高さを挙げて、頚部のアライメントが整うポジションで実施しましょう。

 

 

以上、「カールアップ」のご紹介でした。

それでは、次のエクササイズでお会いしましょう!

imok株式会社
古城奈々絵

古城奈々絵
ABOUT ME
古城奈々絵
古城奈々絵
Reformer for Motor Learning Speciailst/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」横浜店マネージャー/トレーナー養成専門学校卒業後、福岡の整骨院に勤務。主に学生アスリートへのけがの治療や競技復帰のためのリハビリトレーニングを行い、 高齢者の方までの体のケアを行う。2014年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、imokに株式会社に参画。現在はReformer for Motor Learningのスペシャリストとして活動すると共に、スタジオのマネジメント、講演のアシスタント講師やメディア監修など幅広く活動。