fbpx
ヘルスリテラシーの向上&健康経営(一般の方向け)

姿勢と頚椎症性神経根症

こんにちは。

imok株式会社で活動している理学療法士の中北です。

本日は「頚椎症性神経根症」についてお話いたします。

頚椎症性神経根症とは

頚椎症性神経根症とは、頚椎(首の部分の背骨)から出ている神経が圧迫されたり刺激されたりすることで、首・肩甲骨周囲・上肢に痛みや痺れ、筋力低下や感覚障害が生じる疾患のことです。

原因としては、加齢に伴う椎間板の変性や頚椎の変形が生じ、神経の通り道が狭くなることで生じます。

加齢に伴う椎間板の変性や頚椎の変形に関しては、60歳以上の75%の方に認められたという報告もありますので、頚椎が変形することはごく自然なことであると考えられます。

変形があるからといって必ず症状が出るわけではありませんが、変形することが当たり前であるならば、日頃から負担をかけ過ぎない方が良さそうですね。

頚椎に負担をかける要因を考えていくと、スポーツや職業などのライフスタイルの影響も大きいですが、姿勢もその一つです。

姿勢が崩れて頚椎のアライメントが崩れると、頚椎の関節や椎間板への負担が増加します。

頚椎は首を動かすだけではなく、頭の重さを支える役割も担っています。

できるだけ頚椎への負担が掛からないように、頚椎には約30度の前弯(反り)があります。この前弯があることで、負荷を分散することができます。

ところが、姿勢が悪くなって頚椎の土台である”胸郭”のアライメントが崩れることで、バランスをとる為に頚椎のアライメントも崩れてしまいます。

その状態が長期間続くと、少しずつ頚椎への負担が蓄積されて変形へとつながっていきますので、姿勢を改善することは頚椎への負担を減らすうえではとても大切になります。

また、頭の重さは約5~6kgあると言われており、肩よりも頭が前に出れば出るほど、頭を支える役割の頚椎には負担が増します。

ただし、デスクワーク作業をする際などはやや首が前に曲がっていた方が作業効率が良くなると言われていますし、良い姿勢でも悪い姿勢でも、同じ姿勢が長く続くことは身体にとって負担です。

そのため、仕事中常に良い姿勢を保とうとすることは作業効率を低下させる可能性がありますし、何よりも非現実的です。

大切なことは、悪い姿勢から抜け出して”良い姿勢”にも戻れることです。

選択肢の多さが首への負担を軽減するためには重要になりますので、様々な姿勢をとれるような身体の柔軟性が必要です。

脊骨の柔らかさ

姿勢の選択肢を増やすうえで大切なのが”背骨の柔らかさ”です。

背骨は頚椎(首)から腰椎(腰)まで24個ありますが、1個1個がバラバラに動かせることが姿勢の選択肢を増やすことになります。

例えば24個の背骨をそれぞれバラバラに動かせる人と、2~3個の塊としてしか動かせない人では姿勢の選択肢が全く異なるということです。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢ばかり続いていると、背骨の柔らかく動かす能力が低下しやすくなりますので、日々のエクササイズでケアをしていきましょう!

ヒップリフト

それでは、背骨の柔らかさを維持・改善するおすすめのエクササイズの一つをご紹介いたします。

本日ご紹介するのは『ヒップリフト』です♪

**************

~エクササイズのやり方~

①仰向けに寝て、膝が90度になるようにします。

②お尻側からゆっくりと上体を持ち上げていきます。

③肋骨はしっかりと締めたまま、床から背骨のシールをゆっくり剥ぐように、背骨1つ1つを意識しながら、お尻を持ち上げます。

④10回繰り返してください。

☆エクササイズのポイント☆

※腰が反らないようにしましょう。

**************

本日は「姿勢と頚椎症性神経根症」についてお話いたしました。

頚椎は変形しやすい関節の一つです。

日頃から身体をメンテナンスして、関節への負担を減らしていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

imok株式会社

中北貴之

ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして幅広く活動中。