栄養&消化&免疫

コロナ太り改善の為の高強度トレーニングは免疫力の低下に要注意!

 こんにちわ

トレーナーの小林俊夫です

緊急事態宣言の延長に伴い、「コロナ太り」が心配になっている方も多いのではないでしょうか?

それと同時に、ここ数か月で「オンラインフィットネス」が増加傾向にあり、Youtubeもエクササイズ動画増えている為、Youtubeなどで動画を見ながら、トレーニングを始める方も多いと思います

しかし、オンラインでのトレーニングを開始する前に以下の点にお気を付けください

トレーニングは強度の設定が重要

 免疫力の向上や体脂肪を燃焼させ、生活習慣病を予防するのに、運動が大切なことは間違いありませんが、じつは強度設定が重要になります

 従来のスタジオやジムでのトレーニングで考えてみても、例えば、ここ数年流行っている「暗闇フィットネス」などは、消費カロリーの大きさを特徴として挙げていることが多く見られますが、いきなりジャンプからスタートするレッスンなども有り、基本的に強度が高く設定されていることがほとんどです

 更には、「HIIT(High Intensity Interval Training)」と呼ばれる、高強度なインターバルトレーニングを組み合わせたプログラムも多く見受けられ、こちらも消費カロリーが高く、運動後も脂肪燃焼効果が高いと謳われていることがしばしば

 

 Youtubeなどを見ていても、高い脂肪燃焼効果を謳っているものには、HIITを組み合わせたものも多い為、テレワークに伴って運動不足やコロナ太りを不安に想い、家でトレーニングを行おうと考えた場合、いきなり高強度なトレーニングからスタートをするのではなく、自分の体力レベルに合った強度設定が重要になります

 上記のスタジオやトレーニング法などが悪い訳ではなく、健康的に目的を叶えるには、段階的に行っていく事が大切です!ってお話ですね

高強度トレーニングは一時的に免疫力が低下する

 なぜ、いきなり高強度のトレーニングを行わない方が良いか?というと、体験を通して感じていらっしゃる方も多いかと思いますが、「Open Widow Theory」と言われ、高強度の運動を行った後、一時的に(約3~72時間)免疫力が低下し、いわゆる風邪などをひきやすくなることが考えられます

 

Open Widow Theory

David.C.Neiman博士が、1987年のロサンゼルスマラソンに参加をしたランナーが、マラソン後に感染症などを多く患うことに着目をして研究を開始

高強度の運動後は、一時的に(約3~72時間)免疫力が低下し、上気道炎や感染症などに罹りやすくなると考えられる

人はストレッサーが加わると、視床下部を介して副腎皮質に指令が送られ、副腎皮質からコルチゾール、副腎髄質からカテコールアミン(アドレナリンやノルアドレナリンなど)の抗ストレスホルモンが分泌をされるが、コルチゾールやカテコールアミンは、免疫に重要な役割を果たす、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)などの働きを抑制させる為、免疫力が低下をすることが考えられる

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1440-1711.2000.t01-5-.x

免疫について、より詳しく学びたい方はコチラ

免疫力と運動の関係こんにちは。 imok株式会社で活動している、健康経営アドバイザーの中北です。 新型コロナウイルスの感染拡大を機に、免疫力を高めるこ...

 その為、今の時期はテレワークや家での時間が多くなり、それに伴って運動不足が気になる所ではありますが、いきなりハードなエクササイズからスタートをしてしまうと、一時的に免疫力が低下をするリスクが考えられますので、先ずはダイナミックストレッチやピラティス、ヨガなど、会話をしながら行える程度の強度が低いエクササイズからスタートをすることがおススメです

SLHL-end

 他にも、コロナウィルスの感染拡大には気を付けながらも、昼間に太陽の光を浴びながらお散歩をしたりするのも、消費カロリーの向上や脳の活性化に効果的なだけではなく、太陽の光を直接肌に浴びることで、免疫力の向上に重要なビタミンDが生成されます

先ずはお家で行いたいエクササイズ

 そんなことを言っても、どの様なものから始めたら良いか分からないという方は、以下の様なエクササイズから行ってみて下さいませ

痛みがなく、無理の無い範囲からお願いします

90-90ヒップリフト→90-90カールアップ→ローオブリークサイドリーチ→きゃっとばっく

ベアストレッチ→トライポッドツイスト→ハーフニーリングサジタルムーブメント→ハーフニーリングフロンタルムーブメント

上記の様な低い強度の運動からはじめ、体力が向上してきたら、少しずつ強度を上げていきましょう!

適度な運動はナチュラルキラー細胞の活性化に効果的ですので、免疫力の向上に繋がります

ぜひライフスタイルに運動を取り入れてみてくださいね

ABOUT ME
Toshio Kobayashi
Toshio Kobayashi
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。