リフォーマー&ボディワークと機能解剖

腰椎の機能解剖③~腰椎の荷重支持機能~

こんにちは。

imok株式会社の中北貴之です。

腰椎の機能解剖最終回は「腰椎の荷重支持機能」についてです。

腰椎は頚椎や胸椎に比べて容量が大きく、椎体の幅も広い構造をしています。

腰椎5個の合計重量は頚椎の7個の約2倍ともいわれます。

なぜ腰椎が大きいかといえば、荷重支持の役割を頚椎や胸椎よりも求められるからです。

腰椎における荷重支持の割合

荷重支持の主な組織は「椎間板&椎体」と「椎間関節&椎弓」です。

立位時の腰椎にかかる圧縮荷重の割合は、おおよそ「椎間板&椎体:椎間関節&椎弓=8:2」といわれています。

上位脊椎になるほど、荷重の割合は均等に近づいていきます。

さて、このように荷重支持においては「椎間板&椎体」が重要な役割となりますので、ここからは椎間板にスポットを当ててみたいと思います。

椎間板の特徴

椎間板は「髄核」「線維輪」「軟骨終板」によって構成されます。細かい画像はGoogle先生で検索してみてくださいませ。

さて、今回椎間板の特徴で押さえておきたいのが下記の2つです。

①加齢変化

②人体最大の無血管組織

①加齢変化について

カラダにとって非常に大切な椎間板ですが、残念ながら20歳頃から髄核の変性が始まるといわれます。

髄核の水分量は若年時で85%以上ですが、成人では70%程度に低下し、加齢とともにどんどん低下していきます。

なんてこったい。大事にしましょう。

 

②人体最大の無血管組織

椎間板は線維輪の外側1/3を除いて血管がありません。

ここで疑問が生じませんか?

血管が無くてどうやって栄養供給してるの?

答えは、スポンジの原理です!

水の中にスポンジを入れると、スポンジに水分が流入します。そしてギュッと握るとスポンジから水分は流出していきます。

椎間板も同様に圧力負荷が加わると水分が拡散し、圧力負荷が減少すると水分が流入してくるようになっています。

つまり、動かないと水分の出入りが生じないので、栄養も供給されないということです。

それは困りますね。

ただでさえ加齢変化によって水分量が低下するうえに、栄養供給まで滞ってしまうと変性は進行してしまいそうです。

どうすれば良いか?

解決策は、適度に動くことです!

動くことで圧力負荷が増加したり減少したりしますので、栄養供給がされます。

デスクワークで座りっぱなし、という方も30分に一度は姿勢を変えたり動いたりすることがオススメです。

そして、リフォーマーは臥位、座位、立位と様々な姿勢でエクササイズできる素晴らしいツールです!

まさに「Exercise is Medicine」ですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

中北貴之

中北貴之
ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして幅広く活動中。