カラダのお悩み

扁平足の改善には猫背矯正がポイント

 こんにちは。

トレーナーの小林です。

多くの方が悩みを抱えている「扁平足」。

扁平足:足の内側にあるアーチ(土踏まず)が潰れ、足の裏が平らになった状態

 扁平足を治そうと思うと、多くの場合、足のトレーニングを行うことをイメージしがちですが、じつは「猫背矯正」がポイントなんです!

そのメカニズムを1つ1つ確認していきましょう

土踏まずと足部のアーチ

 足の裏というのは、全てが地面に接している訳ではなく、アーチ状になっています。

 親指側の「内側縦アーチ」と、小指側の「外側縦アーチ」、そして横を結ぶ「横アーチ」の3つが代表的です。

この3つのアーチの内、最も高さがあるのが「内側縦アーチ」であり、ここがいわゆる「土踏まず」と呼ばれる部分。

 プールサイドを足が濡れた状態で歩いた時に、タイルに足型が付くかと思いますが、外側はクッキリと形が出るものの、内側の部分だけは、まさに地面を踏まない為、足型が付かないですよね

 ちなみに内側縦アーチは、「踵骨(しょうこつ)」、「距骨(きょこつ)」、「舟状骨(しゅうじょうこつ)」、「内側楔状骨(ないそくけつじょうこつ)」、「第一中足骨(だいいちちゅうそっこつ)」という骨によって構成されている為、こうした骨やその骨を止める靭帯、支える筋肉などが、内側のアーチを保つ上で特に重要です

足のアーチと偏平足

 先述の様に偏平足とは、土踏まずにあたる「内側縦アーチ」が低下をし、足の裏が平らになった状態をさします。

 そもそも足のアーチがどの様に出来ているか?を考えていくと、主に骨・靱帯・筋肉及び筋膜などによって構成され、脳や神経からの指令をもとに筋肉が働き、アーチを保っています。

 その為、捻挫を代表とする様な足の怪我によって、靱帯を伸ばしたり、切ってしまうことで骨の位置がずれてしまったり。

 単純に体重が増加して、重力によって上から下に押される力が増えることや、アーチを支える筋力の低下、筋肉の過剰な緊張などによって骨の配列が崩れることで、アーチの低下に繋がります。

偏平足の原因とは

一旦、足のアーチが低下をする主な原因をまとめてみると

  • 運動不足や加齢に伴って筋力が低下する
  • 捻挫などの怪我によって足の安定性が低下をする
  • 肥満や不良姿勢によって足への負担が大きくなる
  • 足に合わない靴を履き続けることで足のアライメントが崩れる
  • ふくらはぎが緊張し、足のアライメントが崩れる など

 実際には、どれか1つということはほとんどなく、様々な要因が組み合わさることで、足アーチが低下をしていきます。

猫背が足に与える影響

 そして、偏平足について考える場合、じつは猫背が大きな影響を与えています

 「足なのに姿勢?」と思うかもしれませんが、人の身体は様々な意味で繋がっていますので、姿勢が崩れることで、足にも大きな影響が見られます。

 もちろん、全員という訳でありませんが、現代の猫背の方のほとんどは、骨盤が前方にスライドし、重心が本来の位置よりも「つま先」よりに移動しています。つま先側に重心があると、身体を支える為に、日頃からふくらはぎの筋肉を使いやすいことが考えられます。

 更には、日頃の運動不足や活動量の低下に伴って、脳への刺激が減少し、機能低下を起こしている場合が多く見られます。そうすると筋肉を制御する神経の働きによって、ふくらはぎの筋肉の緊張が強まる事が考えられます。

ふくらはぎの筋肉は、踵に付着をしている為、ふくらはぎの緊張が強くなることで、踵の骨の位置がズレてしまいます。

 そして、先述の様に、内側縦アーチは「踵骨」や「距骨」、「舟状骨」などによって構成をされている為、「踵骨」の位置がズレると、その上にのっている「距骨」の位置もズレ、「距骨」がズレると、その前にある「舟状骨」の位置がズレ‥‥‥といった形で、アーチを構成する骨が、どんどんとズレていき、結果としてアーチの低下に繋がります。

 踵骨と距骨によって構成される関節を「距骨下関節(きょこつかかんせつ)」と言いますが、足のアーチを考える上で、最も重要な関節であり、ふくらはぎの緊張が強いと、この関節に大きな影響と与えてしまうという訳ですね!

その為、扁平足の予防や改善の為には、猫背を矯正する事が第一歩です

猫背と脚をキレイに整えたい方は、ぜひ弊社が運営する猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」へお越しくださいませ

トライアル
ABOUT ME
Toshio Kobayashi
Toshio Kobayashi
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。