栄養&消化&免疫

免疫力を低下させるもの

こんにちは。
imok株式会社の千野ひとみです。

新型コロナウィルス感染症の拡大により、一層「免疫力」への関心が高まっていますね。

ヒトは、生きていくために病気にならないように、「免疫」というシステムを備えています。

ですが、様々な影響により、そのシステムが低下してしまうことがあります。

今日は、その免疫力を低下させてしまう要因をお伝えしていきます。

免疫とは、私たち人間に備わっている機能

私たちの周りには、常に病原生物が存在しています。
ヒトは、それらの外敵が身体に入ってこないようにブロックしたり、たとえ入ってきてしまっても、戦って排除できるようになっています。

ブロックするのは、皮膚や粘膜、腸内細菌、そして病原生物の侵入を許してしまった場合には白血球が防衛します。

このように、自分の身体を守り、病気にならないようにするための機能を【免疫】と言います。

では、この免疫の力を低下させないためには、どうすれば良いのでしょうか?

免疫が低下する原因は様々です。

食事からの栄養が不足し、外敵と戦ってくれる免疫細胞が働けなくなったり
肥満等で体内に炎症が起こり、その炎症を止めるためにエネルギーが使われてしまったり
心因性のストレスがかかり、自律神経のバランスが崩れたり・・・

こういった状態が長く続くと、免疫細胞の数が減少したり、細胞の機能そのものが低下して本来の働きができなかったりします。
すると、結果として病気にかかってしまうんです。

免疫を低下させるもの

そのため、普段から病気にならないように、免疫を低下させないような生活を送ることが大切です。
中でも、アルコール、ストレス、煙草は免疫を低下させる原因となります。

免疫を低下させる原因

  1. 継続した飲酒(アルコール)
  2. 心的、肉体的なストレス
  3. 煙草(ニコチン)

  • アルコールは、代謝の過程で亜鉛やビタミンB3を消耗してしまいます。亜鉛は、病原体を体内に入れないようにブロックしてくれる粘膜の強化に役立ちます。さらに、たんぱく質の代謝やホルモン生成にも必要なものですので、大切な栄養素の1つです。そして、アルコールを代謝する過程で生まれるアセトアルデヒドは、自律神経を刺激して交感神経を優位にさせます。
  • ストレスを受けると、コルチゾールというホルモンが分泌されますが、その期間が長期に及ぶと免疫を低下させます。過度な運動は身体的ストレスとなり、交感神経を優位にさせ、上気道炎や感染症に罹患しやすくなります。運動すること自体が悪いわけではなく、適度な運動は免疫細胞(特にナチュラルキラー細胞)を活性化し、免疫強化につながると考えられています。オーバーワークには気を付けましょう。

 ※コルチゾールは、副腎から放出されるステロイドホルモン(ストレスホルモンと呼ばれる)
 食事面から考えると、精製糖やリノール酸を過剰に摂取するとコルチゾールの分泌量が増え、免疫力低下に繋がります。

  • 煙草に含まれるニコチンは、免疫細胞の1つである樹状細胞の機能低下を引き起こします。

もちろん、食事や生活環境に気を付けていても、病気になってしまうことはあります。

ですが、そのリスクを少しでも下げたり、たとえ病気になってしまっても、病原生物と戦える身体をつくることができます。

避けられるものは避け、少しでも免疫力を下げないようにしていきましょう!