栄養&消化&免疫

カゼインが、身体に及ぼす影響

カゼイン

こんにちは。
分子栄養学認定カウンセラーの千野ひとみです。

今日は、カゼインについてお伝えしていきます。

カゼインとは | 牛乳に含まれるタンパク質

カゼインとは、牛乳や母乳に含まれるタンパク質のことです。

このタンパク質には、ホエイという種類も含まれており、牛乳と母乳では、それぞれ含まれる比率が異なります。
(ホエイとは、牛乳から脂肪分等の固形分やカゼインを除いた半透明な液体で、ヨーグルトの上澄みにも溶け込んでいます。

牛乳は、カゼイン8:ホエイ2
母乳は、カゼイン4:ホエイ6
の割合で、牛乳には多くのカゼインが含まれています。

牛と人間とで、それぞれの赤ちゃんに適切な栄養比率になっているんですね。

さらに、牛乳と母乳ではカゼインの種類が異なり、牛乳はαカゼイン、母乳はβカゼインです。
乳児は、αカゼインは消化ができないため、厚生労働省が策定した「授乳・離乳の支援ガイド」では、牛乳は離乳が完了した1歳以降が望ましい、とされています。

牛乳が身体に与える影響

牛乳は、「骨をつくる」「カルシウムを補う」などといわれ、毎日の食事で飲んでいる方も多いと思います。

ですが、実際には、牛乳を飲みすぎることで、身体に悪影響を及ぼすこともあるんです。
牛乳

カゼインによる、腸の炎症

カゼインは、分解されにくいアミノ酸であり、消化が不十分なまま腸に入ると、腸の粘膜を傷付け、炎症を引き起こします。
カゼインの摂取が続き、この炎症が繰り返してしまうと、徐々に腸粘膜に隙間ができ、リーキーガットシンドロームという状態を引き起こします。

リーキーガットシンドロームとは、腸のバリア機能が崩れ、異物や未消化のタンパク質等が体内に取り込まれ、全身の炎症やアレルギー反応を引き起こすことです。

リーキーガットの模式図
腸に穴が開く?! | リーキーガットシンドローム腸の上皮細胞は、本来はぴったりと結合されることで異物の侵入を防いでいます。しかし、食習慣やストレスなどによりこの結合部が緩み、ウィルスや細菌、未消化のたんぱく質などが血管内に侵入してきてしまうことがあります。...

また、分解されたカゼインの一部(カソモルフィン)は、モルヒネに似ており、脳では麻薬のように認識されることで、中毒性が高くなるんです。

 

乳糖不耐症

牛乳などの乳製品を摂った後、お腹がゴロゴロしたり、下痢をしたことはありませんか?

もしかすると、「乳糖不耐症」かもしれません。

乳糖不耐症とは、乳糖を分解する酵素である「ラクターゼ」が体内で作られず、乳糖を分解することができない体質のことです。

日本人は、遺伝子的に、ラクターゼが欠損している人が多いようです。

乳糖不耐症

 

カルシウムとマグネシウムのバランスが悪い

「牛乳はカルシウムが豊富」などと、身体に良いイメージがありますが、実はそうでもないんです。

牛乳に含まれるカゼインは、カルシウムと結合することで、カルシウムの吸収を高め、さらに、体内にカルシウムを運ぶ役割も担うため、カルシウムの摂取には優れています。

ですが、カルシウムは、マグネシウムと協力して働くため、カルシウムの摂取量だけが多くなってしまうと、弊害が生じます。

カルシウムは筋肉の収縮に、マグネシウムは筋肉の弛緩に働くので、お互いのバランスが大切なのですが、牛乳に含まれる両者の比率は、カルシウム11:マグネシウム1です。

乳製品
カルシウムとマグネシウムの関係健康のためにカルシウムを摂ろうと考える方は多いですが、実は、吸収ができずに逆に不足してしまうこともあります。カルシウム不足を感じる時は、マグネシウムの摂取が重要なんです。...

 

このように、一般的に身体に良いとされる牛乳には、悪影響を及ぼしてしまう側面も多いんです。
母乳や牛乳は、乳児や子牛が成長するためには必要不可欠でありますが、大人が、敢えて日常的に牛乳を飲む必要はないのではないかと考えます。