リフォーマー&ボディワークと機能解剖

胸郭の機能解剖③~肋骨と脊柱アライメントの関係~

こんにちは。

imok株式会社の中北貴之です。

今回は脊柱のアライメントと肋骨の関係についてお話します。

前回の肋椎関節に関する内容から、今回に関わる部分だけを簡単に復習しましょう。

肋椎関節の「締まりの位置」と「緩みの位置」

 

・肋骨外旋位(後方回旋して開いている状態)=締まりの位置

・肋骨内旋位(前方回旋して閉じている状態)=緩みの位置

関節の締まりの位置では関節の適合性が良くなるので安定性が高まりますが、可動性は低下します。緩みの位置はその逆です。

そして、肋椎関節は「肋骨」と「胸椎」が構成する関節ですので、当然ながら胸椎のアライメントの影響を受けます。

今日は脊柱のアライメントとの関係についてお話をしていきたいと思います。

最後には、胸郭の機能解剖①~③の内容を踏まえ、Reformerを使用したオススメのエクササイズをご紹介しますね!

3回目にしてようやく(笑)

脊柱の生理的弯曲

ご存知のとおり、脊柱には弯曲があります。

頚椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯ですね。

それぞれのカーブの頂点は第4頚椎、第7~8胸椎、第3腰椎になります。

これを生理的弯曲といい、脊柱全体で負荷を分散するうえで重要な構造的な特徴です。

加齢とともに椎間板の変性や椎間関節の変形が進行することなどで、生理的弯曲が崩れていくのは自然なことですが、若い世代の方でも生理的弯曲が崩れている方が多くいます。

特に多い崩れ方が、胸椎後弯の頂点が通常の第7~8胸椎よりも上方になっているケースです。

いわゆるスウェイバック姿勢になり、骨盤が前方に偏位して上半身を後ろに倒すような形で姿勢を維持している方は、胸椎後弯のバランスが崩れやすくなります。

肋骨と脊柱の関係

肋骨は胸椎に付着します。

胸椎が伸展位になると肋骨も前方回旋し、いわゆる肋骨外旋位になります。

肋骨外旋位は、肋椎関節締まりの位置になりますので、胸椎の可動性は低下します。

そのため、胸椎本来の後弯を取り戻すことは脊柱全体の機能としても大切です。

 

さてさて、ここで思い出して頂きたいのが、肋骨外旋位だと横隔膜のZOAも低下するということです。

さぁ皆さん、これまでの胸郭の機能解剖①~③が繋がってきましたね!?

・横隔膜のZOAが大切

・肋骨外旋位だとZOAは低下する

・肋骨外旋位は胸椎の可動性低下も招く

・第7~8胸椎の後弯がなくなると肋骨外旋位になる

様々なエクササイズをするうえで、呼吸や脊柱の可動性は大切になります。

それでは、おススメのReformerエクササイズをご紹介します!

その名も「ヒップリフト/Reformer」

詳しくは下記をご覧ください!

90−90hip-lift
90−90ヒップリフトこんにちは。 imok株式会社の古城奈々絵です。 今回は「90−90ヒップリフト」というエクササイズをご紹介します。 ...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」

中北貴之

中北貴之
ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして幅広く活動中。