リフォーマー&ボディワークと運動生理学

呼吸器系① ~呼吸とは~

喉頭咽頭部

皆様

imok株式会社

柔道整復師の池田倫大です。

今回は「呼吸器系」についてお伝えしていきます。

人は1日に2万回以上の呼吸を行いますが、そもそも「呼吸とは?」何でしょうか。

当たり前のこと過ぎて、じっくり考えることも少ないかと思います。

呼吸を専門的に説明するなら、

外界から体内に取り込んだ酸素を細胞まで運び、細胞が運び込まれた酸素を消費して代謝を行い、その結果生じた二酸化炭素を体外へ排出する過程

を言うと思います。

分かりずらいのでスッキリさせると、

「息を吸って酸素を取り込んで、身体の中で生まれた二酸化炭素を吐き出す」

ことを呼吸と呼びます。

簡単に言えば呼吸とはそれまでですが、吸った空気(酸素)は、どのような経路を辿り細胞内に取り込まれるのか。

今回の「呼吸器系」では、少し細かく呼吸についてお伝えしていく事にしましょう。

 

呼吸の経路

呼吸の経路は大きく分けて2つです。

外呼吸内呼吸となります。

外呼吸とは吸った酸素を肺に運ぶまでを指し、内呼吸は肺の中に取り込んだ酸素を各細胞で代謝する事を指します。

循環器で言う、肺循環が外呼吸で、体循環が内呼吸のようなものです。

今回は、外界の空気と肺まで間で起こる、外呼吸に関してとなります。

 

酸素の通り道

息を吸う時、鼻から吸うのが基本となるため、まずは鼻腔から咽頭を通り、喉頭から気管という順番に空気は流れていきます。

気管は途中2本に分岐をし、右気管支左気管支となります。

気管支は肺の中に入ると20回以上に分岐を行い、細い呼吸細気管支となり、肺の中でたくさんの酸素の通り道を作ります。

詳しく見ると、

 

・鼻腔(びくう)

鼻腔

・咽頭(いんとう)

咽頭

・喉頭(こうとう)

喉頭

・気管(きかん)

気管

・気管支(きかんし)

左右気管支

・呼吸細気管支(こきゅうきかんし)

このような場所を、酸素は通ることになります。

ちなみに、酸素は咽頭→喉頭→気管となりますが、食べ物は咽頭→食道となります。

喉頭部では食べ物が気管に入らない様に喉頭蓋(こうとうがい)と呼ばれるフタが付いているのですが、たまに気管に異物が入ってしまうことがあります。

この時、身体は異物の侵入を感知し、咳などで異物を吐き出すように働くので、安心して食事が出来るのです。

たまにありませんか?

飲んでいた飲み物を吐き出してしまう時って(笑)

喉頭咽頭部

呼吸細気管支の先には、肺胞と呼ばれる海ブドウのようなツブツブがくっついています。

肺胞

人によっては、キャビアに見えたり、松前ガニの甲羅につく卵に見えたりしますが、私には「とびっこ」に見えます。

この肺胞の周りには、毛細血管が走行しており、この毛細血管で酸素と二酸化炭素の交換が行われるのです。

肺胞の数はおよそ3億個ほど。

以前アメリカで行った検体解剖では、肺を手で「ギューっ」と潰し、手を離すと元の状態に戻る事を確認しました。

まるで、食器スポンジのようだったと記憶しています。

1つ1つの肺胞は、空気をため込む袋のような構造の為、潰せば小さくなりますが、潰した手を離せば元の状態に戻るのです。

ちなみに、検体を提供してくれた方は年配のお婆様で、生前は煙草を吸っていたのか、肺が黒くなっておりました。

肺にしても、腸にしても、健康的な内臓は見た時の感想は、「気持ちが悪い」ではなく、「つやつやしていて綺麗」になります。

煙草の影響が出るのは、数十年先の事ですし、自分の内臓を見ることは難しいので、このような感想を持つことは簡単ではないですが、煙草は確実に身体に強い影響を与えていると思ってよいでしょう。

 

まとめ

呼吸とは外呼吸と内呼吸があり、一般的に息を吸うという事は外呼吸になります。

呼吸によって運ばれる酸素の通り道は、鼻から肺まで到達し、肺胞と呼ばれるツブツブの組織でガス交換が行われます。

3億個の肺胞が酸素と二酸化炭素を交換するため、3億個の肺胞全てが呼吸をしているという事になります。

次回は、呼吸器系の構造解剖にも触れていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

imok株式会社

池田倫大

池田倫大

 

ABOUT ME
池田倫大
池田倫大
柔道整復師/imok Education Director/スポーツクラブでインストラクターとして活動しながら、医療系の国家資格である柔道整復師の専門学校へ入学。卒業後、柔道整復師として整骨院に勤務。様々な痛みを抱える方に対し、手技療法や物理療法と運動を組み合わせた治療を行う。身体の歪みや痛みの無い身体づくりの為には、治療と並行して、継続した正しい運動習慣が重要だと感じ、治療家とトレーナーの両立を目指す。2015年4月より「世界中にI am OK You are OK な人を増やしたい」という想いに賛同し、『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』に参画する。現在は、自らがコンディショニング指導を行いながら、後進の育成にも注力する。