機能解剖学&運動生理学

骨盤帯の機能解剖3|骨盤底筋の構造と機能とは

こんにちは。
理学療法士の中北貴之です。

本日は骨盤底筋についてお話いたします。

骨盤底筋は、横隔膜・腹横筋・多裂筋とともにインナーユニットを構成してコアの安定性に関与するだけでなく、骨盤内臓器の支持や排尿・排便にも関与している重要な筋です。

骨盤底筋の構成について

骨盤底筋は複数の筋の集合体であり、浅層・中間層・深層に分かれます。

・浅層:外肛門括約筋や外尿道括約筋などの括約筋、球海綿体筋や坐骨海綿体筋などの勃起筋により構成される。

・中間層:尿生殖裂孔を覆うように骨盤底前方を支持する尿生殖隔膜により構成される。尿道括約筋と連結して尿禁制にも関与する。

・深層:尾骨筋と肛門挙筋(恥骨直腸筋、恥骨尾骨筋、腸骨尾骨筋)により構成され、骨盤隔膜とも呼ばれる。なお、内閉鎖筋や梨状筋を含める場合もあります。肛門挙筋の持続的収縮により尿生殖裂孔を閉鎖し、骨盤内臓器の支持や排泄の禁制維持に関与する。

骨盤底筋群の解剖イラストVISIBLE BODYで作成

 

姿勢と骨盤底筋の機能とは

骨盤底に限らず、どこの筋肉にも至適長と言って、最も力を発揮しやすい長さがありますが、

骨盤底筋の場合は骨盤がニュートラルポジションが至適長であるといわれています。

※骨盤のニュートラルポジションとは、立位や座位であれば、両ASISと恥骨を結んだ三角形が床に対して垂直な状態のことです。

ASISと恥骨結合のイラストVISIBLE BODYで作成

 

 現代では骨盤が過前傾している方が多くいらっしゃいますが、骨盤が過前傾位になると左右の尾骨が近づくため、骨盤底筋は至適長よりも短縮位となって機能低下を起こします。

また、短縮位=弛んだ状態となるため、骨盤内臓器を支持する機能も低下します。

骨盤内臓器は骨盤底筋と靱帯によって支持されていますが、筋による支持性が低下すれば靱帯にかかる負担が増加します。長期に渡って靱帯への依存度が増すことで、徐々に靱帯は弛んでしまい、筋でも靱帯でも支持する力が弱くなってしまいます。

もちろん、骨盤内臓器の支持

骨盤底筋機能を改善するうえでは、姿勢の改善も重要になってきますね!

骨盤底筋と股関節の機能とは

股関節深層外旋六筋の一つである内閉鎖筋は腸骨尾骨筋と連結しており、骨盤底筋の一つにも挙げられます。

そのため、前述のように姿勢が崩れることで骨盤底筋の機能低下を招き、内閉鎖筋の機能にも影響します。

内閉鎖筋は腸腰筋とともに大腿骨頭を求心位に保ちます。

骨盤が過前傾している方は、まず骨盤のニュートラルポジションをとれるようにすることが股関節や骨盤底筋の機能を高めるうえでも重要ですね。

そのような方におススメのピラティスエクササイズが「ヒップリフト」です!

https://imok-academy.com/exercise-90−90hip-lift

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※参考文献
石井美和子:ウィメンズヘルスと理学療法.三輪書店.2016.
石井美和子監訳:骨盤帯.医歯薬出版.2013.
坂井健雄監訳:グラント解剖学図譜第6版.医学書院.2011.

ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/健康経営アドバイザー/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして、パーソナルトレーニング指導や専門家向けのセミナー講師として幅広く活動中。