栄養&消化&免疫

血液検査項目LDHが示す意味

血液検査

こんにちは。
分子栄養学認定カウンセラーの千野ひとみです。

今日は、血液検査で測定する数値、LDH(乳酸脱水素酵素)についてみていきましょう。

LDHってなに?

LDHとは、「乳酸脱水素酵素」です。
(LDと表記されていることもあります)

この乳酸脱水素酵素は、肺や心臓、肝臓や腎臓、筋肉や血中など、体内の様々な部位に存在しており、これらが障害を受けると、各細胞内に含まれるLDHが漏れ出し、血液検査の数値が高くなることがあります。

それでは、乳酸脱水素酵素は何のために必要なものなのかというと、ピルビン酸を乳酸にする時に使われます。

LDHは、ピルビン酸を乳酸に代謝するときに使われる酵素

ここで糖質代謝について確認していきましょう。

私たちが炭水化物や甘いものから摂取したグルコースは、細胞の細胞質という部分でピルビン酸へと代謝されます。

糖質代謝

そして、酸素がある場合には、ピルビン酸がミトコンドリアの中に入り、TCA回路へと進みATPをつくり出します。

一方で、酸素が不足していたり、ミトコンドリアの機能が低下している状態では、TCA回路に進むことはできず、異なる経路、乳酸へと代謝される経路へと進みます。
(酸素不足とは、無酸素でのトレーニング(強度の高い筋力トレーニング)や、細胞に酸素を運ぶ役割を持つ鉄が不足している状態などが考えられます)

※酸素がある場合でも、糖質代謝の副産物として乳酸がつくられることがわかってきています。

この、ピルビン酸⇒乳酸への代謝に、LDH(乳酸脱水素酵素)が使われるんですね。

さらに、ピルビン酸から乳酸へ変わるときには、ナイアシンも必要とします。

数値が高い or 低い場合

数値が高い場合

数値が高い場合、各細胞が障害され、LDHが漏れ出してきていると考えられます。
さらに、ミトコンドリア機能が低下し、TCA回路や電子伝達系が回らず、エネルギーが生み出せなくなっている状態ともいえます。

癌や低炭素状態の可能性があります。

数値が低い場合

ナイアシンが不足、さらにエネルギー不足が考えられます。

LDHがあることでピルビン酸が乳酸に代謝されますが、LDHはナイアシンを必要としますので、ナイアシンが不足しているとLDHが働かないため、数値は低くなります

さらに、一度乳酸になったピルビン酸は、肝臓で再びグルコースに変わり、エネルギーとして使われますが、この時にATPが6個使われます。

つまり、ミトコンドリアがしっかり働いている上で、筋力トレーニングなどをすることで乳酸が増えたとしても、特に問題なくグルコースに変わりますが
ミトコンドリア機能が低下している方が乳酸が増えてしまうと、グルコースに変換するために、ただでさえ不足しているATPを使ってしまうので、エネルギーが枯渇します。

このように、LDHが低い方は元気がなく、ぐったりしていることがあります。
ぐったりする女性

 

健康診断で病気の可能性がある場合には、もちろん、もっと詳しい再検査が促されます。

ですが、病気ではなく、健康診断では特に異常が見つからなくても、体調不良を抱えている方はいますよね。
血液検査結果から、身体の機能低下を推測することができると、解決策が見つかるかもしれません。