機能解剖学&運動生理学

股関節の機能解剖3|股関節のつまりとFAIとは

こんにちは。
理学療法士のの中北貴之です。

前回は股関節の「つまり感」について機能的問題や軟部組織性の問題という視点からお話をしました。

https://imok-academy.com/hip-joint-kinematics

今回は、構造的視点からも股関節のつまり感について考えてみましょう。

FAIとは

FAIとは、大腿骨寛骨臼インピンジメント(femoroacetabular impingement)のことです。

大腿骨頚部か寛骨臼のどちらか一方、もしくは両方に形態異常がある状態で、反復して動かしているうちに関節唇や関節軟骨を損傷してしまうという病態です。

その為、股関節痛の原因は様々ありますがFAIは骨形態異常によって股関節の動きに制限が生じることが特徴的ですね。

FAIの診断指針とは

FAIの診断には画像所見が必須条件ですが、臨床での身体所見としては以下のようになります。

FAIの臨床身体所見(参考:日本股関節学会)

・前方インピンジメントテスト陽性

 (屈曲・内旋位での疼痛)

・股関節の内旋可動域低下

 (90°屈曲位における健側との比較)

・FABERテスト陽性

ちなみにFABERテストは屈曲・外転・外旋位における疼痛誘発テストですが、

Flex・ABduction・External Rotation」の略です。

実はFABERテストを習ってから数年後に気がつきました(笑)

FABERテストの実施方法 FABERテストの手の触れ方

FAIの分類 3つのタイプとは

FAIは以下の3つのタイプに大別されます。

VISIBLE BODYで作成

①Pincer type

・臼蓋側の骨の増殖

・30~40歳代の女性に多いとされる

②Cam type

・大腿骨側の骨の増殖

・20~30歳代の男性に多いとされる

③Combined type (Mix type)

・①②の混合型

どのタイプが多いのかは報告によりばらつきがありますが、参考までに海外におけるリサーチをご紹介します。

Frankらは股関節症状のない2,114股を調べた結果、Pincer変形が67%に、Cam変形が37%に認められた、という報告をしています。

FAIに関するまとめ

FAIによるROM制限は構造的な問題によるものなので、運動療法による改善は難しいです。

ただし、それによって骨盤帯全体の機能低下につながっている可能性が高いので、それらは運動療法によって改善が可能です。

特に、疼痛が生じると関節に近いインナーマッスルは機能低下がしやすいので、運動療法による機能改善は必須となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

※参考文献
福林徹:骨盤・股関節・鼠径部のスポーツ疾患治療の科学的基礎.ナップ.2013.
股関節および周辺疾患の機能解剖学的病態把握と理学療法.理学療法31(9).2014.
スポーツ股関節痛ー診断と治療ー.Monthly Book Orthopaedics31(6).2018.
山嵜勉:整形外科理学療法の理論と技術.メジカルビュー社.1997.
小関博久:外来整形外科のための退行性疾患の理学療法.医歯薬出版.2010.