エクササイズ

フォースタンスストレッチ

フォースタンスストレッチ

こんにちは。

imok株式会社の古城です。

今回ご紹介するエクササイズは「フォースタンスストレッチ」です。

ご紹介の必要がないぐらい、既にご存知の方も多いかと思います。名前は違うけれど行っていたりですね。

広背筋のストレッチにはとてもオススメのエクササイズですし、手軽に行いやすいエクササイズなので、チェックしてみてくださいませ。

やり方

  • 四つ這いになります
  • 片方の手をもう片方の手の前に着きます
  • 背中を丸めながら肘を曲げて、おしりをかかとへ近づけます
  • 伸ばしたところで呼吸を繰り返します
four-stance four-stance-ST-startP four-stanceST

目的

  • 広背筋の伸張&抑制
  • 肋間の拡張
  • 股関節のモスタビリティの向上

エクササイズの理論的背景

 オープンシザースシンドロームにより、広背筋の短縮や過剰収縮し、脊柱が伸展、肋骨が外旋位で固定してしまっている姿勢の方が多く見られます。
 また、広背筋が過剰収縮しやすいと、肩関節内旋時に働いて欲しい肩甲下筋が抑制され、肩の障害が起こりやすいことも考えられる。そのため、このフォースタンスストレッチのエクササイズを通して、広背筋を伸張及び抑制を行う。
 広背筋は骨盤から胸腰筋膜、肩甲骨の下角などを経由して上腕骨に付着します。股関節を深く屈曲し、お尻を踵につけたポジションでは、骨盤は自然と後傾するため、よりストレッチがしやすいポジションとなります。

よく見られる代償

  • シュラッグ

屈曲する際に過剰にシュラッグを起こすと、肩のインピジメントなどの原因にもなります。

上腕を外旋させるようにして肩を下げましょう。

股関節のつまりが強い場合は、ロッキングのエクササイズを先に行なっておくことで、スムーズに出来るようになります。

それでは、次のエクササイズでお会いしましょう!

imok株式会社
古城奈々絵

古城奈々絵
ABOUT ME
古城奈々絵
古城奈々絵
Reformer for Motor Learning Speciailst/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」横浜店マネージャー/トレーナー養成専門学校卒業後、福岡の整骨院に勤務。主に学生アスリートへのけがの治療や競技復帰のためのリハビリトレーニングを行い、 高齢者の方までの体のケアを行う。2014年4月より「世界中にI am OK You are OKな人を増やしたい」という、オーナーの熱い思いに賛同し、imokに株式会社に参画。現在はReformer for Motor Learningのスペシャリストとして活動すると共に、スタジオのマネジメント、講演のアシスタント講師やメディア監修など幅広く活動。