リフォーマー&ボディワークと運動生理学

循環器系① ~循環器とは~

全身の循環器

皆様

こんにちは!

柔道整復師の池田倫大です。

「運動生理学」の1回目となる投稿となります!

何から情報発信していくか考えに考え抜いた結果、「心臓とか血管って大事だよね!」と安易な発想に行きつき、「循環器系」から初めて行くことに決めました。

 

循環器とは

心臓や血管の事を指し、心臓から送り出される血液が、各器官で栄養や老廃物の受け渡しをするシステム

の事を言います。

 

身体の中に取り込んだ栄養や、必要なくなった老廃物は、血管に流れに乗って移動します。

ですので、血管が詰まってしまう「脳梗塞」などになると、必要な酸素や栄養が、詰まってしまった場所よりも先に運ばれないため、壊死という組織が死んでしまう状態となります。

 

循環器のシステム

 

循環器を身近のものに例えるなら、心臓は宅配便業者の営業所です。

営業所を出発したトラックは、道路という名の血管を通り荷物を届けます。

これは各器官への酸素や栄養配給となります。

荷物を届けることもあれば、荷物を集荷する事もあります。

コンビニに持っていくのが大変な、大きな荷物を送るときは便利ですよね!

これは各組織で必要なくなった老廃物の排出に相当します。

お届けと集荷を済ましたトラックは最後に支店(営業所)に戻りますが、これは血液が最終的には心臓に戻ることを意味します。

お客様からお預かりした荷物を老廃物と例えるのはどうかと思いますが・・・(笑)

このように、

必要な物資を各組織に届ける事と、各組織で必要なくなったものを回収することが循環器系のシステム

であり、我々の体は常に一定に保たれているのです。

 

循環器が運ぶもの

 

では、循環器系が運ぶものにはどのようなものがあるのでしょうか。

以下にまとめましたのでご覧ください。

 

・酸素、二酸化炭素

・赤血球

・白血球

・栄養素

・ホルモン

・熱

・代謝産物、老廃物など

 

細かく分解すれば、まだまだありますが、この記事では割愛させて頂きますね・・・(笑)

 

酸素や栄養は血管が運んでくれているイメージでしたが、「熱」というのは最初に聞いたとき、全くイメージできなかった私だけでしょうか。

全ての血管をつなげ合わせた総距離は、約9万キロメートルと言われています。

地球2周半の長さのようですが、それだけの長さの血管が一人の身体の中に詰まっており、身体のありとあらゆるところまで血管が行き届き、上記で上げた物質などを行き届かせているのです。

血管が「熱」を運ぶのであれば、逆に身体から「熱」を奪うことも守る方法も想像が出来ます。

①より大量の血液を運ぶ場所を冷やすか温める

②皮下組織が薄く、血管が露出している場所を冷やすか温める

上記2つは体温と関りが大きそうですよね!

大量の血液を運ぶとは太い血管を指しますので、総頚動脈がある首になります。

皮下組織が薄い場所は、足首などでしょうか。

夏であれば、足を水バケツにつけ涼むことや、冬場であれば首回りや足首を風から守ることで、血液が運ぶ「熱」のコントロールが出来そうですね。

マフラーをすることや足湯など、当たり前のように行っている行動も、生理学的に考えると、とても理にかなっている事が分かりますね。

 

次回は心臓について学んでいきましょう!

 

最後までお読みいただき有難うございました。

 

imok株式会社

池田倫大

 

ABOUT ME
Toshio Kobayashi
Toshio Kobayashi
imok株式会社(アイモック)代表取締役/猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」代表。  トレーナーとして活動をしながら2008年、2009年にアメリカへピラティスの研修を受けに行き、マスタートレーナーの認定を取得。その後、2010年に医療系国家資格を取得。  現在はスタジオの経営、メディアの監修及び出演、全国での研修及び講演、ピラティスリフォーマーの製造及び販売をしながら、姿勢&機能改善、パフォーマンスアップ専門のトレーナーとして、世界中に「I am OK You are OKな人」を増やす為に活動中。