リフォーマー&ボディワークと機能解剖

腰椎の機能解剖⑤~腰椎分離症~

こんにちは。

imok株式会社の中北貴之です。

今日は腰椎分離症についてお話します。

腰椎分離症の病態

腰椎分離症は椎間関節突起間部の疲労骨折とされています。

疲労骨折なので、同一部位へのストレスが繰り返し加わることで生じる障害です。

椎間関節突起部には、腰椎の伸展時や反対側への回旋時に大きくストレスが加わります。

そのため、オーバーヘッドスポーツや回旋系のスポーツで好発します。

好発年齢は11歳~13歳で、小学生~高校生のスポーツ競技者の発症がほとんどです。

分離すべり症への進展

分離症で気をつけたいのが、「分離すべり症」への進展です。

椎間関節突起間部に骨折が生じることで、下の椎体に対して上の椎体が前方にスライドする力への制動力が低下するため、すべり症に進展することがあります。

すべり症への進展の可能性は、発症年齢で分けられます。

一般的に分離症からすべり症への進展の可能性は、小学生は高く、中学生は低く、高校生はかなり低いとされます。

基本的には医師から運動制限の説明がありますが、素直に聞き入れないお子さんや親御さんもいらっしゃるようです。

小学生で分離症の診断を受けたら、絶対に医師の指示に従うようにした方が将来のためですね!

分離症の特徴

学生時代は気がつかなかったけれど、大人になって腰が痛いから医療機関を受診してレントゲンを撮ったら分離症でした、というケースがよくあります。

そんな時に覚えておきたいのが分離部の過可動性についてです。

!!!

「要チェックや!!」

でました、突然の要チェックポイント。

現段階での腰痛の有無に関わらず、分離症があるということは分離部の過可動性が生じている可能性が高いです。

特に伸展と回旋の過可動性が生じます。

伸展では通常の1.5倍、回旋では通常の2.3倍の過可動性が生じるという報告もあります。

エクササイズを処方するうえで、回旋系のエクササイズを行う際には、慣れるまではランバーロックポジションで行うなどの配慮も必要ですね。

ランバーロックポジション

両股関節を深屈曲位、骨盤後傾位で腰椎の回旋が生じずらいポジションのこと。

また、日常生活動作においては伸展や回旋の動作も多くありますので、少しずつ伸展や回旋に抗する筋肉も強化していく必要があります。

リフォーマーでは、仰臥位、側臥位、腹臥位、膝立て位、座位、立位、とあらゆるポジションでのエクササイズが可能ですので、抗伸展や抗回旋のエクササイズも多くあります。

「リフォーマーエクササイズ」のコンテンツでは、様々なエクササイズをご紹介していますので、併せてご覧くださいませ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

imok株式会社

中北貴之

中北貴之
ABOUT ME
中北貴之
中北貴之
理学療法士/imok Technical Director/大手フィットネスクラブにて活動後、痛みを抱えているお客様をサポート出来る様になりたいと、理学療法士の学校へ進学。卒業後は理学療法士として整形外科クリニックへ勤務。理学療法士として活動をしながら、トレーニングやコンディショニングの学びを続け、2018年4月よりimok株式会社へ参画。治療からコンディショニング、パフォーマンスアップまでを行えるコンディショニングコーチとして幅広く活動中。