リフォーマー&ボディワークと運動生理学

消化器② 〜消化管の運動 口腔編〜

口腔内

こんにちは!

柔道整復師

imok株式会社の池田です。

今回は、消化管のそれぞれの役割についてお伝えしていきます!

消化管とは、1本の筒状の臓器であり、各部位によって名前が変わり、役割も変わります。

消化管についてはコチラ

消化管のスタートは口腔となりますので、口腔の働きや役割から見ていくことにしましょう!

口腔の運動

口腔の役割といえば、もちろん咀嚼運動になります!

咀嚼とは、食物を細かくなるまでよく噛むことを言います。

食べ物が大きいままでは飲み込む事が出来ないですし、喉を詰まらせては大変なので、しっかりと咀嚼を行い、飲み込めるサイズまで小さくする必要があります。

この時、口を閉じたり開いたりする咀嚼筋だけが働き、食べ物を咀嚼するわけではありません。

歯で細く切断された、舌や頬の筋肉を巧みに使って、切断された食物を必要に応じて喉に移動させたり、まだ小さくする必要があれば、奥歯ですり潰し更に小さくします。

この辺の話は、『範馬刃牙』5巻で出てくるマウスという3人のコンビネーションに例えられているので、教材として読んでおくと良いでしょう(笑)

口腔内の消化液

食べ物を小さくするだけが口腔内の仕事ではありません。

口腔内では唾液と呼ばれる消化液で、小さくなった食物をのみ込みやすくまとめたり、消化を助けたりします。

唾液が出るところを唾液腺と呼びますが、口腔内の唾液線は主に3つあり、それぞれ自律神経の支配を受けて唾液を分泌しています。

唾液線の種類

主な唾液線は以下となります。

・耳下腺(じかせん)

・顎下腺(がっかせん)

・舌下腺(ぜっかせん)

これら唾液線から分泌される、唾液によって嚥下がスムーズに行えたり、口腔内を清潔に保つ事で虫歯や口臭を防いだり、ウィルスの侵入を防いだりと、唾液は多岐に渡って活躍をするのです。

ちなみに、緊張した時に口の中がカラカラになった経験はありませんか?

唾液線は基本的に副交感神経と交感神経によって調整されていますが、副交感神経が優位な時はサラサラした唾液が大量に分泌されるのに対して、交感神経が優位な時は、ネバネバした唾液が少量分泌されるのです。

その為、緊張状態の時は、ネバネバした唾液が分泌されてしまい、口の中がカラカラになってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

口腔内はただ食べ物を飲み込むだけにあらず、とても緻密で繊細なコンビネーションによって行われているのです。

・口腔では食べ物を咀嚼して飲み込みやすくする

・歯だけでなく、舌や頬の筋肉なども強調して働く

・口腔内は唾液線があり、耳下腺・顎下腺・舌下腺が主になる

・唾液にはサラサラとネバネバがあり、交感神経が優位な時はネバネバの唾液が分泌される

・唾液は嚥下を助ける以外にも、虫歯や口臭の予防・ウィルスの侵入防止にも役立つ

・初めてのデートは緊張してネバネバの唾液しか出ないので、お水を絶対に用意しておく(笑)

最後までお読み頂き有難うございました!

 

imok株式会社

池田倫大

池田倫大

 

ABOUT ME
池田倫大
池田倫大
柔道整復師/imok Education Director/スポーツクラブでインストラクターとして活動しながら、医療系の国家資格である柔道整復師の専門学校へ入学。卒業後、柔道整復師として整骨院に勤務。様々な痛みを抱える方に対し、手技療法や物理療法と運動を組み合わせた治療を行う。身体の歪みや痛みの無い身体づくりの為には、治療と並行して、継続した正しい運動習慣が重要だと感じ、治療家とトレーナーの両立を目指す。2015年4月より「世界中にI am OK You are OK な人を増やしたい」という想いに賛同し、『猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく」』に参画する。現在は、自らがコンディショニング指導を行いながら、後進の育成にも注力する。